ニート単独取材シリーズゆっくり実況者小泉編part3最終回~語り継がれるメモリ~~

f:id:neetkng:20171022002455j:plain

※これは居酒屋にて突然カメラを向けられたときに取られてしまった写真だある

 

 

私は小泉さんの袖を引っ張り店から即座に外に出た。だが、小泉さんは状況を理解していないようである

 

小泉さん『あーちんちん食べたいちんちん食べたい!!!牛のちんちんが食べたいうわあああああん!』ここは大須観音駅周辺の商店街である。

周りの外国人『tintin!?イエェイ!』外国人観光客が多い地域柄か絡まれそうだ。半面日本人というのはスルースキルが高いからかちんちん食べる発言には無反応である。

 

私は苦肉の策に出た『ワイン奢ります…そこの居酒屋に入りましょう』そう発言しある程度酔っ払った客などにも理解がある居酒屋ならこのうるさい小泉さんの発言も何とか聞けるというもの。因みに小泉さんはまだお酒など飲んでいない。なんとか外国人観光客を振り払い居酒屋店内に逃げ込むことができた。観光客たちにとって小泉さんは観光名所の一つか何かだと思われていたのかもしれない。

 

小泉さん『大将、ちんちんひとつ!』店主『無いよ』私『すみませんワインをグラスで二つ…』

カオスであるw なかなかにカオスであるw 店主はこんな小泉さんを追い出したりはせず受け入れてくれた。あの時は本当にありがとうございました!www

まもなくグラスのワインが運ばれてきた。

小泉さん『君が頼んだからもちろん奢りだよね』『奢るってすでに言ってしまってるしね…どうぞ』チェ、分かってらあ!それはそうと今回の目的は取材であることを思い出す。何とか日本語は話せるようだしやっとの思いで取材開始を試みる

 

 

僕『小泉さん、ゆっくり実況を始められたきっかけって何なんですか?』小泉さん『ウェヒイ』

 

想定外だった。ワインを一口飲んだ小泉さんはすでに日本語を話せなくなっていた。

 

僕『小泉さん、大丈夫ですか?』小泉『ばぶぅ』挙句の果てには幼体化である。このようなやり取りが20分ほど続き、その後会計はもちろん私が済ませ店を出た。

 

小泉さんを連れ歩いているうちにある公園に出る。鶴舞公園である。鶴舞公園の真ん中で開放感を煽られたのか、小泉さんは『ンホオ!』という奇声を上げながらズボンを脱ぎ始める。周りにはポケモンGOをする若い女性が。通報されたら某タレント事務所のアイドルでもあるまいでもあるまい、起訴される可能性もある。そしてパンツに手がかかった瞬間、私はジャーナリストとして彼を法律から守らなければいけないという正義感から彼の手を掴み静止した。

 

僕『こんなところでちんちんを出してしまったら、君のちんちんにプレミア感がなくなってしまうよ…』小泉さん『ぷわあ!』

 

プレミア感という言葉が脳の快楽指数に響いたのか小泉さんは自分でズボンをはき始めた。そして駅に到着したころ、やっとアルコールが抜けてきたようだ。

 

小泉さん『またね~』僕『えぇ・・・』改札から人ごみへと消えていく小泉さんを見送り、私も名鉄名古屋線へと向かった。

 

ふと私は考えた。今日は何しにここまで来たのだろうと。

 

 

『あーーーーーーーーー取材!!!ワイン飲み逃げ去れた~』結局取材することなく対談が終わってしまった。(;´д`)トホホ…災難な1日だった

ニート単独取材シリーズゆっくり実況者小泉編~語り継がれるメモリ~~part2

前回、取材者の脇が臭いと書いたところお前の方が臭そう、上着洗えなどの意見がありました。が僕の脇は臭くないです。失礼な人たちが多いなあ。気になる方は嗅ぎに来てください。無臭です。

 

小泉さんの気に入った店で食事をとりながら取材をすることに決まり、5分ほど近くを歩いた。

 

小泉さん『この店牛の睾丸のソテー食べられそうだし入ってみませんか?』小泉さんがこう発言して店が決まった。皆さん何か感じるだろうか?私はこの時点でとても嫌な予感をしていた。

 

時間は午後の1時過ぎという事もあり、すぐに席に案内され店員さんが水を持ってきてくれた。店員『ご注文はお決まりでしょうか?』

初めて入った店でメニューもまだ最初のページしか見ていないので注文はメニューを一通り見た後にしようと思った。

 

吾輩『また後で注文しま…』そう言い終える瞬間、事件は起こった。

小泉さん『牛の睾丸ひとつ!』メニューすら見ずに小泉さんが注文を始めた。

20代前半くらいの若い女性店員だったためか彼女の動揺は私にも伝わってきた。

店員『と、当店では取り扱っておりません!』突然のことで無理もない。混乱からかやや強い口調で小泉さんにそう言った。ただ、ここで引き下がる小泉さんではもちろんない。

 

小泉さん『じゃあ牛のちんちんは置いとらんか?』店員『きゃぁぁぁ!』

そりゃそうである。牛のちんちんなんて言葉は普段あまり聞かない言葉なうえに取り扱ってもいない、混乱して当然である。このままでは小泉さんがセクハラで検挙される可能性があると彼の身を案じた私は彼を引っ張って早々に店を出たのであった。

 

これは取材を始めるまでにまだまだ波乱がありそうだ…

ニート単独取材シリーズ ~語り継がれるメモリ~~ 

どうも

 

ニートキングの単独インタビューシリーズです

 

今回取材してきた相手はゆっくり実況&ポケモン生放送者の小泉さん

吾輩は某所、名古屋大須観音駅出口付近ににタクシーでのお忍びで向かった(私が電車に乗るともちろんパニックになるため)

現場に到着したところ、しきりに自分の脇の臭いを嗅いで気にしているエチケットある少年に出会う そう、今回の取材相手、小泉さんだ

 

僕『はじめまして小泉さんですか?』小泉『俺の脇臭くないか?嗅いでみてくれん?』

!?・・・これは大須観音駅前、路上での出来事である。初っ端から会話が成立していない。これがオタクというやつか…。とはいえ取材相手を怒らせるわけにもいかず、私は隣にいる外国人観光客を横目に彼の脇の臭いを嗅いだ。

 

正直臭かった。だが取材を前にして怒らせるわけにもいかない。脇の臭いに自信があるから嗅がせてきた可能性を考慮し『無臭です』との感想は失礼になると考えた私は彼の機嫌を取るためにこう答えた

『香ばしくていい匂いですね~』

 

今回の取材相手はこの言葉に気分を良くしたのか何も言わず口笛を吹き歩き出した。

 

人間とは分からないモノである。Twitter上のイメージと全く違う人物がそこには広がっていた。とんでもない変人を前に不安を募らせながら私は彼の2歩後ろを付いていった(知り合いだと思われたら嫌だから)

みんなセックスってやったことある?

最近流行りの遊びらしい。俺はあまり詳しくないんだが面白かったら感想聞かせて。

大会

私観点の雛天杯について

私が参加させてもらった最初で最後の本物のポケモン大会である。大会の前歴がない私を混ぜてくれた一同にありがとう。そしてすみませんでした。私が大会の運営ならこれからはこんな奴(キヨ)は大会に呼びたくないなあと自分で感じさせる大会であった… 今回の大会の経験は私自身はこれからに生かせるものを感じよかった。しかし前述したとおり私が運営なら私を呼んだことにきっと後悔したと思う。参加者視点としてもキヨが出ている大会には出たくないなあと自分で感じてしまった。すみませんでしたというのは自分(キヨ)が出ている大会には出場したくないと思ってるくせにこの雛天杯自分が出場してしまっている事への謝罪である。二律背反のようなものを自分に感じる。『私を参加させて良かったなあ!お前らァ!』と自分自身胸を張って参加者に堂々とできる自信がこれからもなくポケモン大会は最初で最後かもしれないなあと自分自身で感じている。自分を客観的に見てこいつが出場しててよかったと思える人間になれたらもしかしたら。

Instagramやってる?

ネット上には無数の大陸が存在する そしてその大陸に合わせて生き物は進化する 今活動する大陸でのニートキングは残念ながらこれだ だが、Instagramに上陸した瞬間突然変異が起こらないとも言えない(都合の良い希望観測論だって?うるせーよ!うるせーよ!アッアッアッアッ)
そうだ。無数の星が散らばったまだ見ぬ宇宙に乗り込むように新しい大陸に旅に出掛けよう

ドラクエ11 途中評価レビュー

ういいす、キヨだ

このゲームな、経験値稼ぎが今のところ必要ない。主人公のレベルは今24なのだが、歩き狩りの経験値だけでボス戦も事足りている。進めるのにはストレスが少な目と言って良いのでは無いだろうか。面白い。 今作の舞踏家、初期装備は槍で爪も使えるのだがやはり爪装備させたいな。DQ4アリーナ。ドラクエの舞踏家は女キャラのイメージがあるが今作もそれね。